ピッコリさんと7にんの五人ばやし

アクセスカウンタ

zoom RSS いまさら青きサムライ

<<   作成日時 : 2006/07/05 23:59   >>

トラックバック 0 / コメント 0

帰路は涙の雨も一旦止んだ。

九段下で東西線に乗りかえ、席についてiPodを聴き始めたら、ほどなく爆睡モードに入った。
あっという間に妙典着。

いつもに比べランチが早めの時間だったのと、爆睡から起きた直後ということで、異常な空腹感に襲われた。
駅の高架下にある『ポポラマーマ』に久々に入った。


画像画像

「クリームチーズのリゾット」と「長ネギと豚肉のおろしポン酢しょうゆ」パスタ。
右のパスタ、隣の行徳の駅前にあるポポラマーマでは、レギュラーメニューに載る前からこのメニューを出していて、
「豚ポン」と内々で呼び、もっと汁気が多い。
妙典のはレギュラーメニューのスタイルで汁が少ないのだ。それでもこのメニューはウマいので好きだ。

ポポラマーマはパスタ屋だが、ピザ、リゾット、そしてハンバーグもある。
ハンバーグはこの1年くらいのあいだに登場した。
デミ、イタリアン、和風、チーズクリームの4種のハンバーグがあるが、なんとこの店はライスを扱っていない。
パンはかろうじてあるんだけど。
オレはハンバーグなら間違いなくライスなので、ここのハンバーグは食べたことがない。
客からライスの要望が多くあると思うけどなぁ。


妙典のポポラマーマはロータリーの目の前にある。
このロータリーにはサティの映画館・ゲーセン・パチンコ店の入った棟、
スポーツクラブ・ゲーセン・パチンコ店の入ったビジネスホテルと、ネタが被った建物が向かい合っている。

以前、ビジネスホテルができて間もない頃に一度ゲーセンを見に入った。
もともとゲーセンなんか行かないのだが、なんだかクレーンゲームでヘンなものを獲りたかったのだ。
その時は、「iPodに似たFMラジオ」があったのたが、結構つぎこんで獲れずじまいだった。
ほかにもちょっと飾れそうなモデルカー的クラシックカーのおもちゃとか、
「大人のこども心」をくすぐるものがたくさんあったのだ。


考えてみると、ポポラマーマに来たのはそのとき以来。
リベンジをしに、今回もそのゲーセンに行ってみた。

ところが、クレーンゲーム系はお菓子ネタがやたらと増えていて、モノも子どももしくは女子向けがほとんど。
そんな中、サッカー日本代表的なパクリTシャツのUFOキャッチャーを発見。
ポリの袋がアームを滑らせるイヤなタイプだったが、¥400で見事ゲットしてしまった。

画像画像

画像画像

ぶら下がっていたサンプルもこの七番タイプだったが、ほかのバリエーションも期待したオレがバカだった。
もともと中田は好きじゃないんだけど、今回の引退表明でこのシャツはもっとハズレになってしまった。
でも、何かの場面でフツーに着ているオレが想像できたりもしている。

「通常数字や英語である部分を漢字にする」
この変換はパロディTシャツにいちばんありがちなもの。
ProDを風のように去っていった巨神兵・I上君が好きそうな柄だ。

総じてふざけている中、唯一「ノーマル」にアレンジされている部分がある。
それは、左胸の鳥のイラスト。
このゲーセンで獲ったブツは2本足のふつうの鳥だが、
日本代表のそれは日本サッカー協会のシンボルマークである「八咫烏(やたがらす)」で、足が3本ある。
なぜこの3本足鳥が描かれているかはWikipediaの当該ページ参照。

この七番Tを作った人、この鳥に関してどうしようか考えたんだけど、「ま、和風な絵で」という感じに妥協したんだろう。
本家が突飛だと困るね。
ふざけるなら4本とか5本足にする手もあると思うが。

しかしあのゲーセン、明らかに前回よりクレーンゲームがつまらなくなっていたのが残念。
「画面ゲーム」以外が楽しい人間もたくさんいるので、もっと楽しいモノを置いてほしいなぁ。


(ひみつ情報)
ラスタカラーのビーチサンダルが景品の中にあった「ひっかけ落としゲーム」をやったとき、
100円玉をマシンの下に落としてしまった。寝っ転がって取るのもアレだったので、未だそのまんまだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
いまさら青きサムライ ピッコリさんと7にんの五人ばやし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる