ピッコリさんと7にんの五人ばやし

アクセスカウンタ

zoom RSS ご近所温泉

<<   作成日時 : 2009/03/15 23:59   >>

トラックバック 0 / コメント 0

(つづき)市川から西船橋・東西線経由で帰宅。

足の張りを感じ、オーバーホールのため車で再び外出。


ご近所温泉

向かったのは『クリーンスパ市川』。

市川市のゴミが集まるクリーンセンターに隣接した施設で、焼却の余熱を利用した温水プール、温浴施設、
スポーツジム、フィットネススタジオ、大広間や飲食施設もある。

小学生の頃、クリーンセンターは「西浜清掃工場」という名前で、授業で社会科見学にも訪れたことがある。
当時、ここにこんな人を集める施設ができようとは思いも寄らなかった。

1年半前にオープンしたこの施設、家の近所なのに未訪問だった。
今回は当然スパ…風呂に入りに来た。

画像

ここは複数の施設がそれぞれ別料金になっているため、入り方が若干複雑になっている。
 1. 入口で履き物を預け、自販機で¥200の入館カード(入館料)を買う
 2. 入館カードを自動改札に通して入場するとフロント
 3. フロントで入館カード・下駄箱のキーと引き換えにICチップつきのロッカーキーをもらう
 4. スパ、プール、ジムなどの入口のゲートにロッカーキーのチップをタッチすることで各施設に入れる

スパは室内にジェットバス、寝湯、サウナ、水風呂、打たせ湯、室外には露天風呂と、五右衛門風呂がある。
風呂の数や広さなどはスーパー銭湯的なのを期待して来た人には肩すかしレベルだが、
ふらっと気軽に行きたい近所の人間にとっては、人が集まりすぎるほど魅力があるよりはいい(笑み)
日曜の21時。スパは空いていた。

画像

露天風呂は黒いお湯の天然温泉。写真のとおり、加温と消毒処理がされているそう。
いろいろと効きそうな色の割にイヤなニオイがしない、なかなかいいお湯だ。

五右衛門風呂は鉄釜ではなく、一人用の大きな木桶。
なみなみとお湯(温泉じゃない、ただのお湯)が入っていて、入ると必ず溢れる。
この「ザッパーン」がたまらなく気持ちいい。
センサーがで桶が満タンの状態を保つようになっているので、溢れると自動でお湯が足される。

飽きるまで温泉にゆっくり入ったあと、脱衣所にあるビンのコーヒー牛乳を飲む。
飲み口の丸さがやさしい。
この自販機もロッカーキーのICチップで購入操作をする。

スパを出たところには100円玉で動くマッサージ機が6台並んでいる。つまりICチップは使わない。
テキトーに選んだやつの全身コースにかかる。
ふくらはぎをゴリゴリもんでくれて気持ちいいが…あしたのもみかえしが心配だ…
(後日談:予想通り、翌朝大変なことに…)

帰り際、フロントで精算。
ロッカーキーのチップの利用記録から精算額が出てくる。
入館料はここで返還されるので、ここで払うのは200円引きの額となる。
精算が済むと出場用のカードと下駄箱のキーが出てきて、これで帰れるわけだ。
初めてだとわかりづらいシステムだね。

温泉は気持ちがいいので、これからちょくちょく通うことになりそうだ。


ご近所五輪

入口にあった市川市の小冊子を持って帰ってきた。

画像

クリーンスパの冊子ではないんだけど、ページをめくっていたらこんな記事が…

画像画像

オガと水泳の伊藤華英選手の対談記事。
(伊藤選手はプロではないので「選手」をつける。『ジャンクSPORTS』のナレーションはその辺徹底されている)
写真はクリーンスパで撮影されたもの。ホホ、オガがこんな家の近所に来たんだな。
伊藤選手は北京五輪代表(100m背泳8位)。クリーンスパでも練習しているようだ。

ともに市川市在住。記事によれば、オガは12年、伊藤選手は7年住んでいるそう。
オガがFsから巨人に移った要因にはこの市川市に建てた家の存在が含まれている。
鎌ヶ谷のファイターズタウンが近いからこそ市川を選んだんだろうが、よみうりランドはちと遠いな。
「たまにコルトンプラザに行きますね」なんてコメントが地元民としては不思議な感じで面白い。
現在は「小笠原杯」という少年野球大会も主催していて、税収以外でも市にも貢献している。

2人の五輪選手(オガはアテネ五輪代表)の対談記事をよそに、表4(ひょうよん。裏表紙)にはもう一人の北京代表が…

画像

グー佐藤。
彼が市川市の行徳出身だというのは前に書いたとおり。
「いつか地元にG.G.佐藤ロードをつくってみたい」と締めくくってあった。

ロードをつくるためには、契約でズルズルしないような立派な選手になってくれ!(笑み)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ご近所温泉 ピッコリさんと7にんの五人ばやし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる