ピッコリさんと7にんの五人ばやし

アクセスカウンタ

zoom RSS 外かん外観・2 原っぱの交差点

<<   作成日時 : 2009/04/19 23:57   >>

トラックバック 0 / コメント 0

(つづき)草野球から帰りがてら、先行整備区間を観察してきた。

画像画像

メトロ東西線南側に出現した信号付交差点(便宜上A交差点とする)。
これまで湾岸道路からの抜け道になっていた細い道との交点で、その役割はこっちの広い道に移る。
左写真が三郷方面、右写真が高谷JCT方面。この辺りから地下を走ってきた外環道が地上へ出て高谷JCTに向かう。

画像画像画像

メトロ東西線との交差部分。
東西線高架の青いガーダーは外かん計画に合わせ昔からこの状態になっていた。
前後がコンクリート製で脚が細かく並ぶラーメン橋だが、ここだけ広い道路空間を確保するために鉄の橋を乗っけてあるわけだ。
1969(昭和44)年の開業当初からだと思われる。

画像画像画像

近隣道路の再整備のため、このガーダーの下を仮設の道路が通っている。
夏に供用開始予定なのが将来三郷方面行きになる2車線(を片側1車線の対面通行で使う)で、
この仮設の道路は将来高谷JCT行きになる側を抜けている。
本格開業までは、この部分は片側1車線の対面通行道路が並行する形になるのかな?

画像

仮設の道路から外かんの新行徳橋方面を眺める。
まだゴチャゴチャしてるけど、ホントに夏に通れるようになるんだろうか?

画像画像

外かんと江戸川放水路の間にある小さな神社は立ち退きせずに済んだようだ。


画像画像画像

市川南高校に近いところ、市民農園などがある市街化調整区域のど真ん中にも交差点(Bとする)が出現した。
ここはA交差点から高谷JCTに向けてちょっと南下した場所。
A交差点とB交差点の間に外環道高谷ICが設けられる。三郷方面入口と高谷方面出口のみのハーフインターチェンジ。
家から関越・東北・常磐道へはここから高速乗りっぱなしで行けるので非常に便利になる。

画像 三郷方面 画像 高谷JCT方面

B交差点から見た国道298号。外環道が地上に出てくるところなので、広く土地を確保してある。
高谷JCT方面は高谷川を渡る橋が始まっている。
B交差点では、地下から出てきた外環道が高架橋になっている予定。

画像

B交差点から海側へ向かい、自動車教習所(オレは卒業生)の向かいから高谷川を渡る橋を覗くことができた。
写真は三郷方面を向いたところ。左側がサービス道路で、右側が298号線になるんだろう。
本格開通時は反対行きの同じペアができることになる。

3につづく)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
外かん外観・2 原っぱの交差点 ピッコリさんと7にんの五人ばやし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる