ピッコリさんと7にんの五人ばやし

アクセスカウンタ

zoom RSS 外かん外観・3 高谷の体験道路とJCT

<<   作成日時 : 2009/04/19 23:58   >>

トラックバック 0 / コメント 2

(つづき)B交差点の脇に、こっそりと設けられている施設がある。

画像画像

「高谷(こうや)体験道路」。
外かん千葉区間では、3つのモデル道路(松戸矢切地区、市川国分地区、市川平田地区)と、この高谷体験道路が設けられている。
モデル道路は開通後もそのまま使われる、先行中の先行完成部分といえるもの。
外かんはこうなりますよ、というPRのためのものだ。

画像

高谷体験道路は、外かんの道路見本市のような施設。
存在は知っていたものの、どこにあるかわからないでいたところ、交差点の脇にあるのを見つけたのだ。

3つのエリアに分けられ、それぞれ舗装や植栽のスタイルが異なっている。
ここはモデル道路と違い、このまんま本チャンに流用する感じではない。
看板の開放時間には自由に見学できるほか、木曜日には体験会が行われているそう。

第1展示エリア 画像画像
第2展示エリア 画像画像画像
第3展示エリア 画像画像画像

この3つの歩道+道路はサービス道路のモデル。
第3展示エリアの車道には植え込みが千鳥配置されていて、スピードを抑制する効果を生む。

それにしても、人がまったくいない。
2006年に設けられたというが、近所の住民もほとんど知らないんじゃないか?


体験道路の北側は歩いて仮設道路に出られるようになっている。
原っぱの中を緑の金網で仕切られた砂利道がクネクネと通っている異様な場所だ。

画像 砂利道から見た三郷・A交差点方面 画像 高谷JCT・B交差点方面


高谷JCT

国道357号(湾岸道路)が国道298号を、東関東自動車道が外環道をそれぞれ分けるのが高谷JCT
すでに前者の連絡道路が姿を現している。
周辺道路へのランプ、高谷川、それを渡る市道の橋も絡み、このJCTが完全に出来上がると非常に複雑な形になる。

以下、カーブの高架道路が美しいので、単純にダラダラと撮りまくったものを載せる。

画像画像画像
298号から357号西行きへ入るcランプ。

画像
357号西行きから市川港方面へ出るgランプ(手前)と298号へ向かうaランプ(文字なし看板)。

画像
市川港方面から357号西行きに入るのはjランプ(下の横断歩道がある左へ進む道)

画像画像
357号西行きから分かれたaランプは京葉線近くでkランプを分ける。

画像画像
アウトカーブが298号行きaランプ、インカーブが市道へ出るkランプ。

画像画像画像
aランプとkランプが357号と東関道を渡る。(左・中)357号西行きより(右)高谷川を渡る市道の橋より

画像画像画像
aランプは直進、kランプはカーブを続けて市道へ。kランプ下が田尻交差点。工事看板は田尻交差点のもの。

画像
357号東行きから分かれた道は298号へつなぐbランプと市川港方面へ出るeランプに分かれる。

画像画像
(左)中:eランプ・左:bランプ・右:kランプ・上:aランプ(右)左:eランプ・上:aランプ・右:kランプ
もうグチャグチャ。インターチェンジマニアにはたまらん光景でしょうな(笑み)
写真左側にはクリーンスパ市川があり、357号東行きからはeランプを出ると行ける。
西行きからだとaランプを進み、298号への合流点手前の市道へ出る分岐を出て左折する。

画像画像
(左)eランプからiランプが分かれ(赤舗装)、kランプを吸収(右)左:eランプ・右:cランプ

画像画像
kランプからを吸収したiランプ(ゼブラゾーン左)は市道に合流。
上はcランプで、奥で357号東行きにつなぐdランプを分けている。


この状態に、のち東関道・外環道相互のジャンクションも加わるのだ。
インターチェンジマニア界でも注目のスポットなんじゃないだろうか?

4につづく)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。
国道のサイトを作っておりまして、田尻交差点の写真を
http://vcountry.jp/kokudou/list_detail.aspx?number=357&road=3140
で使わせていただけませんでしょうか?
国道マニア
2012/07/09 12:11
>国道マニアさん
お断りします。
ひみつ
2012/07/09 23:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
外かん外観・3 高谷の体験道路とJCT ピッコリさんと7にんの五人ばやし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる