ピッコリさんと7にんの五人ばやし

アクセスカウンタ

zoom RSS リアル・すごい塀

<<   作成日時 : 2009/05/17 23:59   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今週の『タモリ倶楽部』を観ていた…

「あっ!すごい塀!」


元ネタと捜索

本来これってよくないが、欠かせない要素なので載せる。



吉田のまんがのネタの一つ。
ここまで極端ではないが、こんな塀が画面に見切れていたのだ。


いつも通りのロケでのシーン。
江戸時代に都内に引かれた「三田上水」の痕跡を辿るという企画。
出演者が眺める対象はその塀の手前の階段だった。

画像 階段。この写真には「すごい塀」は見えていない

塀はしばらくの間見切れていたものの、ついぞ触れられずそのシーンは終わった。

番組は上流から下流へ向けて、上水跡と思わしき遺構・道路を突き止めながら進行していった。
なかなか興味津々な回だった。

観終わったあと、さっそくGoogle マップとストリートビューで「すごい塀」の位置を捜索。
番組の内容から松濤と中目黒の間にある見当はついていて、上水跡らしき道路をただのカンで辿って回る。

そしてついに塀を発見。ちょっと時間がかかったが、オレの嗅ぎ方は間違っていなかった。
古(いにしえ)に思いをはせ、現在どう変貌しているかを想像しながら辿る作業は、番組の趣旨そのものだった。
…ちょいと大袈裟。


ヤング

思い立ったが吉田…いや、吉日。
草野球があったきのうを挟んだが、早速訪れてみることにした。

半蔵門線渋谷で下車。
池尻大橋寄りの出口の階段はやたらと騒がしい音が聞こえる。
外へ出ると、歩道に人が並んでいる… お祭りをやっていた。

画像画像画像

写真を撮ろうと人がいないところから車道を覗いたら、いきなり吉田テイストな「ヤング踊り連」の文字に出くわす。
目の前で行われているのは「チーム単位で参加する踊り行事」であることがすぐ読み取れた。

「第12回 渋谷・鹿児島おはら祭」だそうだ。
でもヤング踊りなんて言われると、鹿児島県よりぷりぷり県じゃないか? なんて思ってしまう。
帰宅後調べたら、2,000名・55チームが参加してたと。
しかもこの鹿児島から参加の「ヤング踊り連」はその中でも最注目のチームだったようだ。

画像

フーゾク案内所の前で子どもたちが無邪気に踊る… 不思議な光景だった。

画像画像 折り返し点

お祭りゾーンを過ぎ、西へてくてく進む。


やっぱりすごい

道に迷うこともなく、現地にスイスイとたどり着いた。

画像 をを! あれか!

まんがほどの高さはないが、やっぱりすごいぞ。
ただ、ここが何なのかわからない… 外に何の表記もなく、もしかしたら個人のお宅かも…

画像画像画像

この「積んだブロックの上部を滑らかに切った」スタイルがまんがそっくり。

…ってことで、目的終了(笑み)
そのまま南へ進む。

画像画像

コミュニティバスが急坂を下りていく。小型とはいえ背の高い車両がこんな坂を下りていく様を思わず見守ってしまう。
東京は起伏の激しい街で、この辺りはこういった◎模様の滑り止めを施した道が無数にある。

タモリは上京したての頃、渋谷で地下鉄銀座線に乗ろうとして駅がビルの3階にあることに驚いたという。
銀座線は渋谷の駅では高架だが、宮益坂の脇ですぐに斜面に当たりそのまま地下鉄となる。
渋谷というところは文字通り谷なのだ。

そこから、タモリは東京の坂道に興味を持ち、坂道マニアになったという。


Oh! パッピー

画像画像

一本の道が三方に分かれる不思議な交差点の前にあったのが西郷山公園。
小山のある憩いの場的公園で、南側は崖になっているため街を望むことができるが、特にこれといった眺めはない(笑み)

画像画像画像

目に付いた唯一?の遊具。パッピーと言われると小島よしお的だが、子犬の「パピー」のことだな。
そういえばモヤさまの祐天寺あたりの回で出てきて、さまぁ〜ずと大江の3人で乗ってたような…。
祐天寺もわりと近所だが、出たのはどこかの道に挟まれた遊歩道的公園だった。

西郷山公園をメインの口から出ると、旧山手通りの橋の上に出た。橋の下も道路。
なんだかオサレな雰囲気だぞ、この辺。

画像

山手通りに面したレストランは、横から見るとガケの上に地盤を築いて建っていた。

画像画像画像

オサレなレストランの後ろに電波塔。このミスマッチな感じがいい。
どうもこの地盤に乗っている建物を見ていると、台湾を思い出してしまう。

旧山手通りからすぐ横道にはずれ、あてなく適当に住宅街を進む。
この辺は困ってもバスや鉄道にかんたんに出くわすので、何にも気にしない。


目黒川に出た。

画像画像

目黒川というと大雨のときの氾濫のイメージがあるが、今は改善されてるんだろうな。
川底から数十cm程度の水かさだった。

ここは初めて歩いたが、さすが、おされなショップや美容室が並んでいる。
東急の高架が見えてきて、ほどなく中目黒駅に出た。

もうちょっと歩いてもいいが、雨が降りそうなので帰ることにした。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
リアル・すごい塀 ピッコリさんと7にんの五人ばやし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる