ピッコリさんと7にんの五人ばやし

アクセスカウンタ

zoom RSS そうだ 仙台 行こう・2

<<   作成日時 : 2009/09/06 23:53   >>

トラックバック 0 / コメント 0

さて、ガッツリは眠れずに明るくなってしまい、三春PAを後にした。

ちなみに前の記事にふざけて「コヒツジ」と書いたのは「三春駒」のオブジェだ。文調を考えて、説明はこっちで。

何時に出たかは忘れてしまったが、再び磐越道を進み、郡山JCTで東北道へ移る。
東北道のSA/PAのミッションはしっかりあるので、再び足あとを残しながら進む。

6:10「安達太良SA」
6:34「福島松川PA(下り)」に到着!
6:43「吾妻PA」
7:09「国見SA」


国見のあと蔵王PA、菅生PAがあるのだが、足あとは残っていない。
途中のどこかでもうちょっと寝たような記憶も… この辺の記憶が曖昧なのだが、運転中の眠気・居眠りだけはまったくなし。


仙台へ進入

仙台南ICで東北道を下り、仙台市中心部まで国道286号・4号をひた進む。車線数が多いが、通行量も多い。

仙台駅近くへ来たのは8時台くらいだったか。
朝食がまだなので中心部の道をあちこち進むが、車を置きつつちょっと一息つけるファミレス的な店がなかなか見当たらない。
すき家なんかじゃ落ち着かんしなぁ…。

ひとまずKスタへ向かい、駐車場事情を目視リサーチ。球場隣接の駐車場は「会員」じゃないとだめなようだ。
そこからちょっと進んだ大通り沿いにコインパーキングがあったが、満車だった。
…この道、たしかあの日に通ったところだな。

会員駐車場の隣り、球場まで気持ち歩く位置に、試合開催時1回¥1,500の臨時駐車場を発見。
10時に開くようだ。


Kスタは宮城野原運動公園の中にある。
公園に沿った道を進むと駐車場が1ワク空いたコンビニを発見。その空きワクに車を停めて、おにぎりさんを仕入れる。
となりのワクには男女がエンジンをかけたまま車内で過ごしている。野球を観に来たのかな?

ひとまず車をコンビニ駐車場に置いたまま運動公園に向かう。
地下にはJR仙石(せんせき)線の宮城野原駅があり、その2番出入口はこんな状態。

画像

写真右手の緑は運動公園。この出口は公園の入口の目の前なのだ。
仙台と石巻を結ぶ仙石線は2000年に仙台市中心部の区間が地下化された。同時に仙台からあおば通駅へひと駅伸びた。
ここが楽天仕様になったのは球団が移転してきた2005年。壁の上塗りは自然でも、ヘルメットがいかにも後付け的な感じ。

公園に入り、ベンチでおむすびくんを喰いながらガツ夫に「来ちゃった」メールをする。
その後電話で連絡をとり、外野席で一緒に観ることになった。すまんのn(_ _)n。

乗ったことのない仙石線が真下にあるのなら、ちょっと乗ってみようか。


マンガッタン

宮城野原駅は地下鉄そのもの。
仙石線の電車は山手線を中心に首都圏で使われた車両を改造したものだ。

石巻方面行きの電車に乗って、地下から外に出た苦竹駅でホームに降りる。
反対のあおば通行き列車の写真を撮ろうという魂胆。

画像

あおば通行き列車はなんと仮面ライダー!
石巻にゆかりのある石ノ森章太郎の作品のラッピング電車で「マンガッタンライナー」という。

画像

うしろは… これ何だろう?

ノーマルな電車も撮りたい。苦竹駅は半端なカーブで撮りづらいのがわかったので、次の小鶴新田駅へ進む。

画像

これが正調仙石線。海沿いを走る電車らしい色。となりの駅では曇り気味だったのに、いい天気になった。
ここで改札を入り直して宮城野原へ戻った。ちなみに、この仙台地区でもSuica/PASMOが使える。


いざ球場へ

宮城野原駅からコンビニに戻る。
一時間くらい経っているが、となりの車には未だ男女がエンジンかけっぱなしで乗っていた。
野球を観に来たんだけど駐車場代を浮かしたい考えなんだと思う。

オレもちらりとその考えがよぎっていたが、日帰りなので何かあったら困る。
10時に開くはずだった1,500円の臨時駐車場は早めに開けたらしい。
満車近い感じだったが、滑り込みセーフで停められた。

(つづく)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
そうだ 仙台 行こう・2 ピッコリさんと7にんの五人ばやし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる